森嶋のブログ

プロレスとゲームを愛するバンドマン。SNS時代に逆行するここでしか会えないネットユーザー
マキシマムドパリ 8月号

1000万下のかもめ島特別を勝利したマキシマムドパリは再び放牧に出ました。

 

通常のローテであれば函館競馬が終わるので札幌競馬場に移る事になる訳ですが、

以下のいくつかの思惑があり、札幌には向かわないという判断を下しました。

 

マキシマムドパリは基本的にウッドチップコースでの調教をメインとしてきた為

それがない札幌競馬場の施設では満足な調教ができないというのが一つ目の判断。

 

そして、馬格を考えるともっと馬体重があってもいいので、基本的にもっと太らせたい。

一時期と比べれば大分増えたとは言っても現状(460kg)でも満足はしていないので

不充分な状態で目先の1600万を目指すより本当にいい状態で秋に臨み、

この馬にとっても条件が一番向いているエリザベス女王杯を目指したい、との事。

 

なんとエリザベス女王杯!これは大胆なプランが飛び出しました。

確かに松元調教師は3歳時にもあくまでオークスや秋華賞への出走を目標にしていましたが

それはこの馬がそれだけの実力があると信じていたからこそですし、実際3着という結果も残しています。

今は1600万の身分ですがこんなところで収まってる器ではないという事ですね!

 

それに、確かに1800mや2000mで走る事の多いこの馬ですが、

2200mという距離こそがおそらく本来のベストだと思いますし、輸送のない関西での開催。

条件馬のGI出走ともなれば連勝は必須条件ですが、青写真通りに行けば

日程的にも叩き3走目という一番能力を発揮できるタイミングで大舞台を迎えられますからね。

 

事実、昨年は春に432kgまで落ちた体重を放牧によって20kg以上戻し、

その結果万全で臨んだ秋競馬は見違えるような内容で条件戦2戦をともに圧勝しGIでも3着になっています。

その時と同じような状態になれば決して重賞制覇・GI制覇とて夢ではないでしょう。

 

 

そんな訳で放牧に出たのですが、放牧先への輸送でも案の定減っており、

到着2週間後に行われた放牧先からの報告では

「レース時に460kgあった体重が到着時には441kg(-19)になってました。

でもすぐに回復したので今は466kg(+25)です」と

なんぼウマでも短期間に増減し過ぎだろとは思いました(笑)。

 

結局8月半ばに帰厩した時点でも464kgという報告があったんでそこまで劇的に太る事はなかったんですが

良い時は大体このくらいの数字に収束してるんでこの馬にとってはベスト体重なのかもしれませんね。

 

 

そして肝心の次走なんですが9月25日(日)阪神競馬場で行われる10Rムーンライトハンデ!

そう、今週なんです!溜め込んだブログの更新がギリギリ間に合いました!

 

距離は2000mの13頭立て、斤量は55kgで牝馬の中ではトップですが周りも準オープンのレベルですから

そこまで極端な差は出ずまあこんなもんじゃないでしょうか。

同日に神戸新聞杯が行われるので鞍上も武豊騎手の確保に成功。非常に状態が良いという報告を聞いております。

あくまでもエリザベス女王杯を目指すのであればここは通過点ですが果たしてどうなりますか。

このブログを読んで下さったご縁で是非本馬の勝利を願って応援よろしくお願いします。

| 競馬 | 00:00 | comments(0) | - |
マキシマムドパリ 7月号

前回のレースから3週間、函館に滞在を続け環境にも慣れてきたマキシマムドパリは

7/10のかもめ島特別(芝・1800m)に出走します。

 

今回は前回と違い牝馬限定戦かつ定量戦という実力上位のパリ号には有利な条件での出走。

結果的にはクラスが据え置きのおかげでレース選びに苦労せずに済んだかもしれません。

 

この日は福島でも中京でも重賞レースが行われていたため鞍上の確保ができず

主戦の武豊ジョッキーから藤岡佑介ジョッキーとの初コンビへと乗り替わりました。

気になる馬体重も前走からさらにプラスの460kg。滞在の効果がしっかり出ています。

 

前走では飛ばしてしまったものの今回もまた圧倒的1番人気で1.7倍。

それでも勝負事は何があるかわからないのでドキドキしていましたが、

終わってみればまさに前回書いたような勝ちパターンを見事にやってくれました。

 

 

前半が58秒というハイペースでしたが却って楽に4番手での追走ができ、

直線に入ると逆に後ろから来た馬を突き放すかのような末脚で差を広げ圧勝。

やる気が伴っている時は本当にこの馬は強いんです。

鞍上の藤岡佑騎手も「いい時に乗せてもらった」と馬の状態が良かった旨のコメントをしてます。

 

しかし相性そのものは武豊騎手が凄く合ってると思うんですが、傍目に数字だけを見ると

秋華賞や今回みたいにユタカさんでない時の方が良い結果を残してる印象があるので

「乗り替わった方が強い」みたいな声が出るのはユタカファンとしては複雑な胸中ですね。

実際には騎手の乗り方で負けた感あるのユタカさん騎乗じゃない愛知杯くらいなんですが…。

 

 

という訳で無事1600万クラスへの昇格を決めたマキシマムドパリ。

次走は格上挑戦で重賞のクイーンステークスなどというのも面白いなと思いましたが

色々検討した結果わずか2戦で再び放牧に出る事になります。詳しくは次回のエントリにて。

| 競馬 | 00:00 | comments(0) | - |
マキシマムドパリ 6月号

ご無沙汰してます。その後のマキシマムドパリ号の経過です。

2/27のレース後に放牧に出て約2か月の休養を挟み、復帰の舞台を函館に選びます。

 

函館は滞在競馬なのでこの馬の一番の弱点である輸送の心配がないのが強みです。

レースは6/19ですが、6月初めには既に函館入りしており準備は万端。

 

1000万に降級しての初戦に選んだのは開幕週に行われる芝の1800m、北斗特別。

降級馬かつ牝馬という事で、レースによっては

実力上位でありながら軽量で走れるという恵まれた状況も想定できましたが

この北斗特別は残念ながらハンデ戦であるため実力がそのまま斤量に乗せられます。

 

しかし、今回の滞在競馬は輸送なしで2走ほどしたいというのが目的であるため

初戦はどうしても開幕週付近で使いたいという思惑があったので仕方ないと思います。

こちらもカレンダーを見て番組を確認してみましたが、翌週まで含めても

1000万クラスの芝の中距離レースはこれ以外に存在しなかったので…。

 

結果、牡馬よりも重い、牝馬としては異例の56kgというトップハンデを課せられます。

とは言え、相手の成績を見ていると、同じ1000万の中で比較しても近走が振るわない馬が多く

それほどまでに実力差があると判断されたのも無理はないのかなとは思いました。

そして迎えた当日、武豊騎手を鞍上に堂々1番人気1.7倍に支持されます。

 

 

先団の位置取りはいつも通りでしたが、向正面に差し掛かったところで

そこから番手を上げて先頭を捕らえるのが本来の勝ちパターンであるところ、

まさかの3コーナーでムチが入るほど行きっぷりが悪く、直線でもスピードが上がる事なく3着。

内容の悪さではこれまでの中でも一、二を争うほどにこの馬の競馬ではありませんでした。

それでも惨敗にはならず3着には入るあたりはさすがではありましたが。

 

今回に関しては特に斤量が敗因だったとは思いません。

ハンデというのは万全ならその斤量でも勝てると見込んで付けられてる数字なのですから

単に万全じゃなかっただけ…と言うかやる気を出さなかった感じですね。

 

この馬はいかんせん環境の変化に敏感過ぎて放牧先ですら体重を減らしたりするような馬なので、

どうも環境が変わって日の浅い内はやる気を出さない性格なんだと思いますね…。

それも踏まえて2戦目こそが本番だと思って中2週で次走・かもめ島特別に挑みます。

| 競馬 | 00:00 | comments(0) | - |
生存報告

ご無沙汰しております。

前回「熊本地震に被災しましたが更新再開します」と弱気気味に宣言したものの

結局それからまた一つも更新されぬまま3か月も経過してしまった為に

このブログを読んでいる方の中にはもしかしたら「やっぱり何かあったんじゃ…」と

ご心配をお掛けしてしまったかもしれません。

せめて一回くらいは更新しておくべきでしたね。お詫び申し上げます。

 

時間を作れなかったものの取り上げたかった事柄はいつもの愛馬も含めたくさんありましたので

この3か月に起こった出来事を中心にしばらく集中的にブログを更新しようと思います。ご了承下さい。

| 日記 | 00:00 | comments(0) | - |
被災しました
先月14日と16日に二度の熊本地震が起こり、
我が家も震源地に近いため震度6強の揺れに襲われました。
家具が壊れたりや皿が割れたりといった被害はあったものの
幸いに家屋には深刻なダメージはなく、また怪我などもせず、
しばらくは余震への不安があって避難所で過ごしたりもしていましたが
一か月が経ちどうにかこれまで通りの生活を取り戻そうとしています。

とは言えあまりにもその爪痕は大きく、ひとたび外に出ると
知っている場所などが大きく損壊しているのを見ると心が痛みます。
特に母方の実家が震源地の隣町なので、家が全壊した親戚も複数おり
自分が無事だったからと言ってとてもじゃないが喜べないといった心境です。

しかし弱気になってもいられないので
今後もこれまで通りにふざけた内容のブログを更新していきます。
| 日記 | 00:00 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ 表示中の記事
+ カテゴリ
+ 月別アーカイブ
+ リンク
+ スマートフォン版
+ QRコード
qrcode